top of page
bg_PageTitle.jpg

​お知らせ

コロナに罹患して


6月21日少し倦怠感と、咽頭痛があることに気づく。昼から往診。その夜コロナ抗原検査するも陰性であった。

6月22日同僚の看護師がコロナ陽性との報告が入る。朝から全身倦怠感あり。同日クリニックに行ってPCR検査すると陽性。そのまま帰宅する。全身倦怠感、関節痛が強く、38.3度の発熱、咳、咽頭痛も出現する。ゾコーバ、ロキソニンで対処する。その夜あたりから咽頭痛が強くなる。その日はロキソニンが効いた。

6月23日微熱はあるものの昨日より楽になっているようであった。ところが咽頭痛がどんどん強くなり、唾液を嚥下するときが猛烈に痛くなっている。痰を出したいため咳をしようとするが、ちゃくちゃ痛くって咳もできない状態。ベッドで横になって眠ろうとするが、咽頭炎ためか多量に唾液があるため嚥下もできないので、ティッシュにとりごみ箱に捨てる。痰もたでるため夜間はほとんど眠れなかった。

6月24日朝、急性喉頭蓋炎も心配になって早朝に胃カメラで喉頭部を見るも発赤、浮腫だけであった。気管の中は白色痰が多く、充分な咳嗽ができていない為と思われた。気管内に白い痰が多かったため肺炎も心配になり、胸部CT撮るも肺炎はおこしていない。この咽頭痛をるため、経験豊富な耳鼻科の先生に相談するも「堪えるしかない」と言われた。私はカロナールでは効かないと考え、ロキソニン4回/日も服用していたが効いてはいない。耳鼻科の先生もロキソニン効かないでしょうとおっしゃていた。

今日昼から寝ながら、「コロナ、咽頭痛」で検索したうちの1例に耳鼻科の先生が書いたブログがあり

全く同じ症状でそのつらさが良くわかり参考になった。その先生のブログでは4日目くらいから軽減すると書いてあったのでそれを楽しみに待っている現状です。


もし強い咽頭痛がある方は、ぜひお越しください。経験したものでないとこれはわかりません。何とか助けになりたいです。

先週、強い咽頭痛がある方がいたので、ロキソニンを処方し経過を見てもらうようにしました。。ここまでつらいと思いませんでした。すみません。


6月26日より外来再開予定です。

最新記事

ご挨拶

明けましておめでとうございます。 皆様、健やかにおすごしと思います。昨年末より、インフルエンザ、コロナ感染症、溶連菌感染症、アデノウィルス感染症などが流行っております。インフルエンザについてはA型が流行っていますが、どの抗ウィルス薬も効くようです。コロナにつきましては、「GN・1株」というオミクロンの亜型が急増しているようです。重症化は少ないようですが、高齢者は注意が必要と思います。発熱者でコロナ

お知らせ

本年1年間、当院をご利用いただき大変ありがとうございました。 年末の休診についてのお知らせです。 令和5年12月29日~令和6年1月3日まで休診になります。 令和5年12月31日は当番医になります。朝9:00~夕6:00まで 令和6年もどうぞよろしくお願いいたします。

おしらせ

今回の2023秋接種は、、高齢で、基礎疾患のある方が対象になるようです。あまり重篤になる方は少なくなったとはいえ、まだまだかかると怖いです。皆さんも今年度は無料ですので是非接種してください。 当院ではスタッフのコロナ中和抗体を経時的にみております。コロナに罹患するとどれくらい変化するかを見ていますがコロナ罹患直後より3か月経過したころの方が高くなります。私はコロナ罹患直後4800、現在33000に

bottom of page