top of page
bg_PageTitle.jpg

​お知らせ

コロナに罹患して(その2)

24日全身倦怠感6月22日4:30PMプリンを食べた後、うそのように痛みがなくなっていました。ナニコレ?と思ってて夕食時食事を食べましたがやはり痛かったです。ただ痛みのレベルが違いました。あとで痛みのレベルを日時で総括します。痛みが軽減してくると唾液の量も減ってきます。これで今晩は眠れると思い、リーゼを服用し、朝4:30まで眠れました。朝には喘息発作で目が覚めました。これなコロナ外来をやりながら思っていたことですけど、喘息のある人、咳喘息の人は多くの人が後で喘息発生している気がします。

6月23日朝、まだ咽頭痛はあるのですが昨日とはレベルが違います。咽頭痛についてまとめますと

          

6月22日発症日 全身倦怠感0.5、咽頭痛0.5

6月23日    全身倦怠感2,発熱38.3℃、 咽頭痛3~4

6月24日    全身倦怠感1、発熱37.2℃、 咽頭痛5、夕方より急に2

6月25日    全身倦怠感0.5、平熱     咽頭痛1

(いずれも5段階で評価しています)


咽頭痛がひどい時に絶対飲んではいけないもの:オレンジジュース(痛みで口内が燃えるような感覚になります)リンゴジュースは大丈夫です。お茶、氷は楽になるような気がしました。

咽頭痛は2~3日目がピークになります。絶対よくなりますので心配しないでください。

今回のオミクロン株はイギリスの雑誌によると68%といううデーターもあります。

痛みは耐えられませんので痛みの強い方はいつでもも当院へ来院してください。

最新記事

ご挨拶

明けましておめでとうございます。 皆様、健やかにおすごしと思います。昨年末より、インフルエンザ、コロナ感染症、溶連菌感染症、アデノウィルス感染症などが流行っております。インフルエンザについてはA型が流行っていますが、どの抗ウィルス薬も効くようです。コロナにつきましては、「GN・1株」というオミクロンの亜型が急増しているようです。重症化は少ないようですが、高齢者は注意が必要と思います。発熱者でコロナ

お知らせ

本年1年間、当院をご利用いただき大変ありがとうございました。 年末の休診についてのお知らせです。 令和5年12月29日~令和6年1月3日まで休診になります。 令和5年12月31日は当番医になります。朝9:00~夕6:00まで 令和6年もどうぞよろしくお願いいたします。

おしらせ

今回の2023秋接種は、、高齢で、基礎疾患のある方が対象になるようです。あまり重篤になる方は少なくなったとはいえ、まだまだかかると怖いです。皆さんも今年度は無料ですので是非接種してください。 当院ではスタッフのコロナ中和抗体を経時的にみております。コロナに罹患するとどれくらい変化するかを見ていますがコロナ罹患直後より3か月経過したころの方が高くなります。私はコロナ罹患直後4800、現在33000に

bottom of page