top of page
bg_PageTitle.jpg

​お知らせ

コロナに罹患して(その3)

6月26日以降の症状について書きます。罹患直後から咳嗽があったものの、強烈な咽頭痛のため前回まで報告していませんでしたが、発病後3日目くらいから咳嗽はに徐々に強くなり、5日目から10日目くらいまで継続しました。私は気管支喘息があるため、感染後の喘息発作状態と考えていましたが、シムビコートを使用上限の3~4倍使用するも効果がなく、夜間に咳発作のため、肋骨骨折を併発するのではないかと思うほどでした。経口ステロイドを内服し、ようやく軽減していきました。その間に、院内の健康診断を行い血液検査しましたが、肝障害も認められ、全身倦怠感の原因の一つと思われました。又、スタッフのコロナ中和抗体を測定しましたところ1000~11000U/mlとかなりばらつきがあり、私はコロナ罹患後のためか、4800と高値でした.この値が300以上ですと、感染や重症化予防が期待できる「高力価」になるようです。ただコロナに罹患していない人が最高値を示しており、理由は不明でした。私は幸いなことに、コロナ後遺症で多く見られる全身倦怠感はなく、コロナ感染2週間でほぼ治癒したものと思っています。この経験談が皆様の参考になれば幸いです。

最近の外来では、コロナ陽性になる方も多くすでに、第9波に入っているような感じがあります。このブログで書きましたように、コロナは、軽症でも結構大変になります。皆さん、コロナワクチンはしっかり受けてくださいね。コロナワクチン希望の方、コロナにかかったかなと思う方はいつでも当院に受診してください。当院ではいつでも受け付けています。

最新記事

ご挨拶

明けましておめでとうございます。 皆様、健やかにおすごしと思います。昨年末より、インフルエンザ、コロナ感染症、溶連菌感染症、アデノウィルス感染症などが流行っております。インフルエンザについてはA型が流行っていますが、どの抗ウィルス薬も効くようです。コロナにつきましては、「GN・1株」というオミクロンの亜型が急増しているようです。重症化は少ないようですが、高齢者は注意が必要と思います。発熱者でコロナ

お知らせ

本年1年間、当院をご利用いただき大変ありがとうございました。 年末の休診についてのお知らせです。 令和5年12月29日~令和6年1月3日まで休診になります。 令和5年12月31日は当番医になります。朝9:00~夕6:00まで 令和6年もどうぞよろしくお願いいたします。

おしらせ

今回の2023秋接種は、、高齢で、基礎疾患のある方が対象になるようです。あまり重篤になる方は少なくなったとはいえ、まだまだかかると怖いです。皆さんも今年度は無料ですので是非接種してください。 当院ではスタッフのコロナ中和抗体を経時的にみております。コロナに罹患するとどれくらい変化するかを見ていますがコロナ罹患直後より3か月経過したころの方が高くなります。私はコロナ罹患直後4800、現在33000に

bottom of page